SSブログ
映画評 ブログトップ

キングコング [映画評]

久々に映画評…。

昨日、キングコングを観に行ってきました。3時間8分は長かった。19時半に上映開始で、23時50分に終了。空いていたので、あまり気を遣わず体を動かすことができたので助かりました…。
けど、内容が悪いわけではありませんでした。全体的には面白い作品だと言えます。小学生の時に観た、今はなき世界貿易センタービルによじ登ったコングではなく、白黒作品のエンパイアステートビルに登っております。戦闘ヘリではなく、複葉機が相手でした。

CGがバレバレなシーンが多々ありました。そして、ストーリーにヒネリがありませんので(っていうか、それで十分満足なんですが)、最後が予測できて、非常に安心してみることができます。
ただ、虫嫌いな人はキツイシーンがあります。それと、高所恐怖症の人にもキツイかも…。「もう、登るなぁー!」って叫びたかったです…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レディーキラーズ [映画評]

夫婦(男女)の相性ってあります。
何でも趣味が合えばいいのかってゆーと違います。
出っ張りがヘコミにはまってはずれない
ってゆー関係が良いかと…。
うちの奥さんは映画を観ません。
一緒に映画鑑賞に行くのは会社の同僚です。

ってなわけで映画評ですが
今回は「レディーキラーズ」です。
コーエン兄弟の作品です。
トム・ハンクスの映画って言うと
だいたいの人はわかります。

ブラックユーモアで、音楽がゴスペル
ペテン師のトム・ハンクスの喋りが何とも言えず
楽しい、そんな映画です。
何が言いたいのか、についてですが
とくに誰も得をしていないんですよね。
強いて言えば大学ですか?
そんなこたぁ、どーでもいいかも知れませんが…。

コーエン兄弟の作品は好きでだいたい観ています。
「ファーゴ」が良かったですね。
妊婦の警官が事件を解決するやつです。
淡々としているんだけど、ブラックな笑いがあって
温かさも感じられる、そんな作品です。
詳しい内容は忘れちゃいました…。

これからもコーエン兄弟の作品には期待しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オーシャンズ12 [映画評]

「オーシャンズ12」行ってきました。

まあまあ面白いと思います。
「…11」を観てないと
出だしがわかりづらいかも。

しかし、おすぎが言ってる
「禁じ手」をやってましたね。
映画でやってはいけない手法ですね。
ネタばれになるので
書くのはやめておきます。

もう一つ
一般的に「禁じ手」ではないけど
私は「うーん…」ってなっちゃうような
最後の回想シーンがありまして
「え~、そうだったの~!?」
「そんなの聞いてねぇよぉ」的な
感情を抱いてしまいました。

ただ、音楽は好みでしたね。
おしゃれな雰囲気で。
でも、ちょっとテンポが…。
悪いわけじゃないけど。
レイトショーで
眠かったせいもありますが…。

そんなわけで
★★★☆☆(星三つでっすー)
(堺正章風)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画評などを少し… [映画評]

最近観た映画のことを
少し書いてみようと思います。
(観たっつってもDVDで…)

最近で一番面白かったのは
「下妻物語」ですね。
全然期待してなかったのが
良かったのかも知れません。
何も考えず楽しめる作品です。
土屋アンナが良かったですね。

いわゆる「単館カルトミニシアター系」
って雰囲気を醸し出しているように思われます。
全然違うかも知れないけど
「アメリ」のテンポに似ているような…。
もしくはクエンティン・タランティーノの
「ジャッキー・ブラウン」のテンポ…。


今後は観たらすぐに書こうと思います。
過去の記憶は曖昧ですからね。

(映画について色々)
最近はサスペンスものが好きですね。
ラストのどんでん返しが楽しみです。
「ユージュアル・サスペクツ」が
サスペンス映画では私のベストです。
次が「メメント」かなぁ。
監督のクリストファー・ノーランに注目して
「インソムニア」は劇場に観に行ったんですが…。
その制作やってるスティーブン・ソダーバーグって
「オーシャンズ11、12」の監督なんですが
89年に「セックスと嘘とビデオテープ」って
映画とってるんですよね。これが最高。
サスペンスではないです。内容忘れました。
でも、最高。

クエンティン・タランティーノは別に好きじゃありません。
サミュエル・L・ジャクソンのセリフが長いのが嫌です。

昔は(っつったって15年くらい前)
単館カルトものを好んでました。
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」が最初かなぁ。
監督:ジム・ジャームッシュです。
偉いはやりましたよね。
流れてたスクリーミング・J・ホーキンスのCD
買っちゃいました。(コミックブルース?)

それにヴィム・ヴェンダース。
「パリ、テキサス」良かったです。
ナスターシャ・キンスキー、いいっすよね!
「ベルリン・天使の詩」も良かったっすね。
最近では「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
BGVとして流しておきたい作品です。


しかし、最近じゃ超大作ばっかで
ミニシアター系ってんですか?
観なくなったっすねぇ…。
そういう情報を集めるとこから
しなくなっちゃったんもんなぁ…。
音楽にしたって同じで
CD買ってないもんなぁ…。

今後はできるだけ映画を観るようにして
ここに評価っつーか評論?
そんな偉そうなもんじゃないけど
書いていこうと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画評 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます